一人暮らしと引越しロゴ

現在地 : Home > 部屋探しと不動産 > 引っ越しはその後の生活まで考えるのがポイント!失敗しない為の心構え編

引っ越しはその後の生活まで考えるのがポイント!失敗しない為の心構え編

賃貸イラスト

部屋探しは楽しいものですよね。8帖フローリングにソファーを置いて、窓からは夜景が見えると最高です。
駅にも近く、ショッピングも気軽に出来る、にぎわっている街なら尚良いでしょう。

しかし、探してみるとそんな簡単ではないことに気づきます。私はそんな経験があり、部屋探しにあてた多くの時間はなんだったのだろうかと思ったのは一度ではありません。
そして契約してから数か月、貯金はどんどん減っていき、ショッピングどころではなく、食事もままならないなんてことが実際にありました。

夢や理想が膨らむ引っ越しですが、後で苦労しないよう心構えからしっかりと計画を練っていきましょう。

ここでは、部屋探しの前に最初にしたいこと、引っ越しの心構えを一緒に考えて、気持ちの良い部屋探しをつなげてもらえるよう、心構えをご紹介します。

【更新:2018/03/14】

まずは、住んだ後にかかる費用を簡単にまとめてみましょう

引っ越しにかかる費用と住んだ後にかかる費用
引っ越し住んだ後
仲介料=家賃の50%
敷金×家賃1ヶ月分
礼金×家賃1ヶ月分
家賃日割り
翌月1ヶ月分家賃
管理費
引越し代金
前日入りなどのホテル代
移動費(新幹線など)
ガス
住民税(フリーの方)
光熱費
交通費
食費
消耗品
家具家電
家賃

引っ越しにかかる費用の詳細はこちらで紹介しています→筆者の例をもとに引っ越し費用を計算してみました

部屋探しって?

人それぞれ環境は違いますのでこれに限ったことではありませんが、大体こんな感じでしょう。
このページでは、住んだ後の費用を確認することが目的ですのでまずはグラフ右を確認しましょう。

そして、大切なのはここからです。

引っ越し後、特に新生活の場合は普段の生活費以外に思った以上に出費が重なるものです。

    新生活は日常と違う出来事がいっぱい
  • 給料は3ヶ月間研修期間
  • 思わず買ってしまう新生活家具家電
  • 人間関係を円満に進める為の交際費
  • 新しいことを始める為の出費、参考書や運動器具

楽しみにしていた初任給は多くの清算にまわり、貯金どころではないかもしれません。
そうならない為に、次の流れを参考に引っ越しに使える費用の限界を確認し、部屋探しへ入っていきましょう。

↑目次に戻る

使える資金を3段階に分け、引っ越し費用の限界を確認しておこう

この費用は東京で暮らす一人暮らしの家賃平均から、筆者の経験も踏まえて出した金額です。

高いと思う人もいるでしょうが、引越しは思った以上にお金がかかるものだと認識してもらうだけでも十分効果はあります。

  • この金額が限界⇒50万
  • まあまあの金額⇒40万
  • これで済ませたいな⇒30万

実際に費用を計算してみたものがあるのでご参考に→筆者の例をもとに引っ越し費用を計算してみました

突然ですが、皆さんは思い描いた理想像を簡単に下げれますか?

今この記事を読んでいる間も、読む前も、部屋探しに気分は上場だと思うのですが、風呂なしトイレ共同、4畳半の部屋に引っ越せますか。
最低でも風呂トイレは別、本当はオートロックの南向き角部屋が良いと考えていませんか。

その前にまずは上の限界を考えてみましょう。大体でもでいいですから頭に入れておくと良いですよ。

下げる

自分で費用を出してみたい人は下に見積もりが出来る一括見積を添付します。
電話攻撃を食らいたくない人はその下がおすすめ。

▽習うより慣れろ、とりあえず引越し見積もりしてみたいという人は一括見積▽

▽見積り後の電話攻撃を食らいたくない人はこちらが合っているかもしれませんね▽

↑目次に戻る

費用を意識せずに物件探しを始めたらこうなりました...

例えば、”8帖クローゼット風呂トイレ別オートロックが絶対”などと条件から入り検索して10万が相場だったとします。東京都心ではざらですね。
敷金礼金1ヶ月、仲介不動産へ払う家賃1ヶ月の50%、引越し業者と住む日からの日割りと翌月1ヶ月家賃、ここだけで40万~45万です。

引っ越しはこれだけではすみませんね。
移動で新幹線や前日泊のビジネスホテル代がかかり、50万を超えていきます。
家賃は前払いなので住んでから1ヶ月後に10万、その間に日用雑貨、家具など購入を考えると60・・・
学校や会社への交通費は最初実費で5万、初任給までの食事や交際費で70万を超えそうです。
幸い、家賃が高い地域はそれなりにコインランドリーがあるので生活は出来ますが他人が使う洗濯機に抵抗がある人もいることでしょう。
開けてびっくり外履きの靴と面会なんてざらでした。

30万で済まそうと思っていた人は、この条件が無駄になってしまいます。
具体的にどのようなところに気を付けて部屋を探していったらよいのかを次ページでご紹介します。

決断

↑目次に戻る

次ページ▽
部屋の名称、間取りの1K、1DK→【部屋の間取りを図で解説】へ

関連記事