一人暮らしと引越しロゴ

現在地> : Home > 費用まとめ > 筆者の例をもとに引っ越し費用を計算してみました

筆者の例をもとに引っ越し費用を計算してみました

更新:2017/12/3

6月15日、名古屋から東京への引越しを大まかに計算(金額は目安で確定ではありません)

ここでは、お金の大切さ、思った以上にかかる引越し費用、その他にかかる小物の経費を私の経験談をもとにまとめてみました。
具体的なイメージを作るために、以下のように設定をまとめます。

【引越し設定、引越し前】

  • 住所=名古屋市在住、実家暮らしの学生

【引越し先、大学(飯田橋)の為状況】

  • 東京都杉並区阿佐ヶ谷
  • 家賃60,000円、管理費2,000円
  • 敷金×1、礼金×1
  • 中央線、阿佐ヶ谷駅ー飯田橋間利用

【引越し日】

  • 6月14日荷物搬出→一泊預かり→6月15日入居

↑目次に戻る

この設定に物件契約時、引越し業者費用など金額を当てはめると次のようになりました。

【部屋契約時にかかる金額】

  • 敷金60,000円+礼金60,000円
  • 仲介手数料30,000(家賃1ヶ月分の50%)円
  • 6月15日~6月30日(16日分)と管理費で32,000円+2,000円
  • 翌月の1ヶ月分60,000円と管理費2,000円

【引越し業者での金額】

  • 引越し業者50,000円(前日受け入れ、一日預かり、高速代含)
    ※8月~9月で1.5倍、1月~3月で2倍~4倍・・・→「引越し業者の違い
    ※単身パック、家族、自分・・・→「引越し手段は4つ

【引越し時、部屋契約や見学時の移動費】

  • 名古屋~東京間新幹線のぞみ1時間40分=10,890円
  • ビジネスホテル1泊=7,000円

【学校までの定期代】

  • 通学6ヶ月分=29,550円
    飯田橋から通勤通学1時間圏内乗り換えなしを出してみたがこちら「部屋を探そう!

↑目次に戻る

ここまでを表にまとめて合計を出してみました

計=336,440円
一人暮らしと引越し 距離 引越し

(時期)
  • 敷金:60,000円
  • 礼金:60,000円
  • 仲介手数料30,000円
  • 日割り:34,000円
  • 翌月分:62,000円
  • 新幹線:のぞみ1時間40分10,890円
  • ビジネスホテル1泊:7,000円
  • 高速・連絡バス:名古屋ー阿佐ヶ谷6,865円
  • 高速道路:新東名高速道路 と 東名高速道路 経由7,850円~8,370円前後
  • 引越し:50,000円
  • 土日:50,000円+α
  • 8月~9月:50,000円+α
  • 1月~3月:50,000円+α+α
定期代:29,550円

↑目次に戻る

自営の方、すでに住民税を自分で払っている方

結論から言えば払う額は一律10%(都道府県4%+市区町村6%)ですので変わりません。(例外を設けている地域もあります)

しかし上に当てはまる方は転出の際に12月末までの住民税をすべて払って出ていくことになります。結果同じというのは引越し先の12月末までの住民税は納付済みということになるからです。
結果は同じですが一括による出費があるので準備しておきましょう。

↑目次に戻る

ちょっと豆知識、住民税の仕組み簡潔編

道府県民税+市町村民税で住民税と呼ぶ。
税額は前年の1月~12月までの所得で計算する「所得割」と定められた額一律でかかる「均等割」を合計する。
2014年から2023年までは臨時特例法対象期間として以下のようになる。

2014年(平成26年)から2023年(平成35年)まで)の税額※引用wiki
種別市町村民税道府県民税合計
所得割6%4%10%
均等割3,500円1,500円5,000円

ということで、自営、フリーランス、バイトの方は次の金額が増えます。

名古屋(名古屋は恒久減税のため少々割安)から転出する場合の市民税・県民税・所得税をざっくり計算
計=121,800円
種別住民税内訳/1ヶ月7月~12月分合計
所得割10%約14,000円前後/1ヶ月
(大卒平均をもとに計算)
14,000円×6=84,000円
均等割3,300円
2,000円
1,000円
※防災施設財源
6,300円×6=37,800円

上2つを足してみると...

計=336,440円+121,800円=458,240円

結果、458,240円となりました。

さて、実際に引越しをすると気づいた時には財布が空になることがあります。
家賃や引越しと大金がかかるものは念入りに計算するものですが、細かいものまで気が回らないのです。

引越し経験者しかわからない意外とかかった細かい出費を次でまとめてみます。

↑目次に戻る

意外とかかるちっちゃなもの

・段ボール
・ガムテープ
・雑巾(精密機器用と油ものとその他)
・軍手
・洗剤(出来るだけ掃除していくと敷金が戻ってきます)

だいたい段ボール箱何個分なんて話をしますが想像以上に増えていくもの
一人暮らしで10箱では足りないのでは?

引っ越し業者の場合契約をうまく進める為、見積時に「段ボール今日置いていけますよ」と言われ料金に含まれます。
単身パックはすべて実費が多く、気づけは結構な金額になります。

↑目次に戻る

次ページ▽
次は引越しの最後の仕事、手続きについて→【公的手続きから、賃貸、光熱費などの手続き一覧

関連記事